PowerShellで全ユーザーの予定表権限を変更

全ユーザーの予定表の権限を変える場合、ユーザーの言語設定やOWAログオンの有無などによって、設定をするべきフォルダ名が username:\Calendar になったり username:\予定表 になったりします。

これって結構スクリプト化する上では悩みの種なんですよね。

仕方が無いので、[予定表]で設定できなければ[Calendar]だろうと決め打ちしてスクリプトを作ったりするケースがよく有ります。例えば、全ユーザーのCalendarもしくは予定表フォルダの権限をReviewerに変更する場合、

$mbxs = Get-Mailbox -RecipientTypeDetails UserMailbox -ResultSize Unlimited
foreach ($mbx in $mbxs){ 
  $alias = ${mbx}.alias
  try{ Set-MailboxFolderPermission -Identity "${alias}:\予定表" -User "default" -AccessRights Reviewer -ErrorAction Stop }
  catch { Set-MailboxFolderPermission -Identity "${alias}:\Calendar" -User "default" -AccessRights Reviewer -ErrorAction Stop }
}

とやったりしますが、微妙にこれでもエラーになってしまう場合が有って、例えば中国語など別の言語圏のフォルダ名になってしまっている場合や、フォルダ名の破損・重複などで[予定表1]などがデフォルトの予定表フォルダとして指定されてしまっている場合です。

中国語とかならともかく、[予定表1]とかはさすがに分からないですよね…。こういった場合、いくつか方法はありますが、私の場合は Get-MailboxFolderStatistics を利用します。これは、ルート以下のそれぞれのフォルダのアイテム数や格納サイズを出してくれる物ですが、この中に FolderType という属性があり、それが Calendar の物が予定表のフォルダ名です。

あとは、このIdentityの値が [ユーザ名\フォルダ名] の形式なので、Set-MailboxFolderPermissionの指定形式 [ユーザー名:\フォルダ名] に変換すれば大丈夫です。

$mbxs = Get-Mailbox -RecipientTypeDetails UserMailbox -ResultSize Unlimited
foreach ($mbx in $mbxs){
  $alias = ${mbx}.alias
  $path = (Get-MailboxFolderStatistics $alias | ? {$_.FolderType -eq "Calendar"}).Identity -replace "\\",":\"
  Set-MailboxFolderPermission -Identity $path -User "default" -AccessRights Reviewer
}

スクリプトを作っていく上では、「英語か日本語以外に設定している人がいないだろうから…」という思い込みで作るのでは無く、こうしたエラーを引き起こす原因となる例外の発生確率を少しでも減らす努力をしていくと、最終的に管理者の負担軽減に繋がるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です