Token2でのAzure ADの多要素認証

以前紹介した Yubikey の多要素認証には、Yubico AuthenticatorでのOTPの表示が必要だったため、ソフトウェアのインストールが制限されている環境(特にサーバ環境や Thin Client環境など)など利用ができないケースが有ります。

今回は、OTPの表示機能を備えた一般的なハードウェアトークンで、Azure ADに対応しているToken2のデバイスを利用した多要素認証について紹介します。

Token2のプロダクト群の特徴は、従来型のハードウェアトークン(Classic Token)に加えて書き換え可能トークン(Programmable Token)が有るという点です。また、形状もよく見かけるようなキーホルダー型の物とカード型の物が有ります。 価格も1個あたり €10 ~ €20 程度と比較的リーズナブルです。

Continue reading

YubiKeyでの多要素認証:管理者による合鍵管理

YubiKeyでの運用で気を付けなければならないのは、キー自体を忘れたときの管理です。代替の方式として個人のスマートフォンでの電話やMicrosoft Authenticatorや固定電話などが設定できる環境であればそれで代替してもいいですが、今回はセキュリティの強度が高いとして推奨されている予備のYubiKeyを用意する方法について、どう利用するかの例を紹介します。

もちろん、各個人に2個ずつ YubiKey を配布し、一つは会社の机の中に入れておくなども可能かと思いますが、5000円程度するデバイスなので数がまとまると結構な「合鍵」代となってしまい、二の足を踏んでいるところをよく見かけます。

ただ、ここで合鍵代をケチったばかりに職場へのスマートフォン端末持ち込みを許可させたりというのも本末転倒ですよね。

Continue reading

YubiKeyでの多要素認証:管理者による登録

以前の投稿で紹介したように、Yubikey (+ yubico Authenticator)による登録は各ユーザーがセルフサービスで実施することができて、気軽に利用できます。

しかしながら、この手順は一般ユーザーにとっては若干複雑です。また、いくつか問題が発生する可能性のあるポイントもあります。例えば、以下の様な物です。

Continue reading

ハードウェアトークン(YubiKey)での多要素認証

この blog は Office 365 Advent Calendar 2018 に参加しています。

Office 365の管理者アカウントの利用に多要素認証を検討されている(もしくは既に実装済み)というユーザーは多いかと思います。

現状、Microsoftでは利便性を重視してスマートフォンでのアプリケーション Microsoft Authenticator を利用したアプリ通知による認証を推していますが、環境によっては利用が難しいケースがあります。

Continue reading

第23回 Office 365勉強会に登壇しました

11/23に開催された第23回Office 365 勉強会に登壇しました。

今回のテーマは「O365勉強会的、AzureAD勉強会」。主催者メンバーの中での企画段階では、色々とBlogでお世話になっていて、今年Microsoft MVPになった @Miya_Microsoft さんにOffice 365勉強会に来て貰いたいというのが最初で、以前そういえば国井さんの事をインスパイアしてたなぁ…と思い、2人セットでブッキングできそうなテーマとして選びました。(毎回ではないですが、結構ユルい感じでテーマ決めとかしてます)

当日の様子はこちら : 第23回 Office 365 勉強会 #o365jp まとめ

私のセッションでは、「Azure ADのテナント設計」ということで、Office 365管理者としてはおそらく意識せずに使っているAzure ADのテナントについて、今後AzureやD365などの他のサービスが利用するようになってきた場合にも、どうしていったら良いかきちんと考えられるよう、注意事項や指針などについて話をさせて頂きました。

アンケートなどでも良い反応を頂けたようですので、またこのBlogなどでもこの辺の話題について詳細やアップデートなど発信していければと思っています。

Office 365関連の書籍を執筆しました

いつもお世話になっている北端さん、太田さんと共著させて頂いた書籍「Office 365管理者のための逆引きPowerShellハンドブック」が11/15に発売されることになりました。

コマンドの説明であればオンラインヘルプや Technet を見れば十分に事足りると思い、サンプルスクリプトなどもなるべく実務よりで Tips が多くなるように書きました。

書き切れなかったことや補足、訂正したいことなども今後色々出てくると思うので、内容については今後この Blog 内でフォローしていきたいと思っていますので、こちらも参照いただければと思います。

11/5-7 の Tech Summit 2018で先行販売されるとのことですので、イベントに参加される方はよろしければ手に取ってみて下さい。

Office 365の障害時にどうすべきか

年度明け最初の週末に向けた2018/4/6(金)の夕方、比較的広い範囲のOffice 365の一部テナントでログインに関連する障害が発生しました。

幸か不幸か、私の個人用のテナントや会社で使っているテナントは影響を受けていなかったのですが、色々と気づくことも有ったのでメモ代わりに記しておきたいと思います。

Continue reading

Exchange Onlineへのシステムメール送信

プリンターやシステムのアラートメールなど、社内ネットワークからExchange Online上にあるユーザーのメールボックスにメールを送信するにはいくつか方法があります。

その中で一番設定が簡単で利用されるシーンも多いのが、MXレコードの向け先と同じ contoso-com.mail.protection.outlook.com などのアドレスにSMTP(TCP/25)で直接送信をする方式となります。

Office 365 を使って、多機能デバイスやアプリケーションがメールを送信するように設定する方法

このケースにおいて、稀にメールが受信できないという事象が発生することがあり、調査してみるとSMTPで送信をしようとした際に4xx番台のエラーが出て失敗したという物です。

Continue reading

Office365のTLS1.2の強制が延期されました

メッセージセンターに通知が来たのでお気づきの方も多いかも知れませんが、Office 365によるTLS1.2暗号化の強制が2018/10/31に延期されました。

比較的急なアナウンスだったので、Office 365管理者の中には大急ぎで対応要否について調査されている方も多かったのでは無いかと思いますが、これで少し期間的な猶予ができましたね。

Exchange Online のアプリケーション偽装権限

Exchange Online と連携したアプリケーションを利用する際、アプリケーション偽装(ApplicationImpersonation)という特権(管理者権限)を利用するケースが多いです。

これを利用する事により、アプリケーションは自身の権限設定を利用して対象のユーザーになりすましてメールを取得したり、予定表を更新したりできます。

例えば、以下の様なことができます。

  1. モバイルアプリケーションがExchange Serverのメールを取得する
  2. 会議室有効利用のサービスが会議室の利用情報を取得、更新する
  3. メールの移行ツールが各ユーザーのメールボックスの中身を取得する

最近特にExchange Onlineと連携するアプリケーションやサービスが沢山出てきて、その中で利用されています。

Continue reading