第23回 Office 365勉強会に登壇しました

11/23に開催された第23回Office 365 勉強会に登壇しました。

今回のテーマは「O365勉強会的、AzureAD勉強会」。主催者メンバーの中での企画段階では、色々とBlogでお世話になっていて、今年Microsoft MVPになった @Miya_Microsoft さんにOffice 365勉強会に来て貰いたいというのが最初で、以前そういえば国井さんの事をインスパイアしてたなぁ…と思い、2人セットでブッキングできそうなテーマとして選びました。(毎回ではないですが、結構ユルい感じでテーマ決めとかしてます)

当日の様子はこちら : 第23回 Office 365 勉強会 #o365jp まとめ

私のセッションでは、「Azure ADのテナント設計」ということで、Office 365管理者としてはおそらく意識せずに使っているAzure ADのテナントについて、今後AzureやD365などの他のサービスが利用するようになってきた場合にも、どうしていったら良いかきちんと考えられるよう、注意事項や指針などについて話をさせて頂きました。

アンケートなどでも良い反応を頂けたようですので、またこのBlogなどでもこの辺の話題について詳細やアップデートなど発信していければと思っています。

Office 365関連の書籍を執筆しました

いつもお世話になっている北端さん、太田さんと共著させて頂いた書籍「Office 365管理者のための逆引きPowerShellハンドブック」が11/15に発売されることになりました。

コマンドの説明であればオンラインヘルプや Technet を見れば十分に事足りると思い、サンプルスクリプトなどもなるべく実務よりで Tips が多くなるように書きました。

書き切れなかったことや補足、訂正したいことなども今後色々出てくると思うので、内容については今後この Blog 内でフォローしていきたいと思っていますので、こちらも参照いただければと思います。

11/5-7 の Tech Summit 2018で先行販売されるとのことですので、イベントに参加される方はよろしければ手に取ってみて下さい。

Office 365の障害時にどうすべきか

年度明け最初の週末に向けた2018/4/6(金)の夕方、比較的広い範囲のOffice 365の一部テナントでログインに関連する障害が発生しました。

幸か不幸か、私の個人用のテナントや会社で使っているテナントは影響を受けていなかったのですが、色々と気づくことも有ったのでメモ代わりに記しておきたいと思います。

Continue reading

Office365のTLS1.2の強制が延期されました

メッセージセンターに通知が来たのでお気づきの方も多いかも知れませんが、Office 365によるTLS1.2暗号化の強制が2018/10/31に延期されました。

比較的急なアナウンスだったので、Office 365管理者の中には大急ぎで対応要否について調査されている方も多かったのでは無いかと思いますが、これで少し期間的な猶予ができましたね。

Office 365プロダクトのサービス一覧を調べる

この投稿はOffice 365 Advent Calendar 2017に参加しています。

Office 365ですが、どんどん日々進化しておりE3やE5のSuiteに含まれるサービスも増えていっています。また、今年はMicrosoft 365など、更なるバンドルライセンスも増えてきました。

6年以上前にblogのエントリーを書いた際と比較すると、例えばOffice 365 E3に含まれるパッケージは以下の様にサービス数でいうと3倍以上になりました。

今回は、現時点(2017.12.03)での各ライセンスとそれに含まれるサービスを調査してみました。

調査方法は、ライセンスプラン(SKUとも呼ばれます)と、それに含まれるライセンスプランをGet-MsolAccountコマンドレットを使って調査しました。また、対応する名前は管理者ポータルから確認しています。

結果、以下のリストの通りの出力となりました。

プラン一覧(50個/CSV)Download 2017/12/03更新
サービス一覧(85個/CSV)Download 2017/12/03更新

詳細は以下の通りです。

Continue reading

第18回 Office365勉強会が開催されます

3/11(土) 13:00より、飯田橋のIIJセミナールームをお借りして第18回のOffice 365勉強会が開催されます。

今回のテーマは ”Identity&Security” Office 365から広がるクラウドの世界とそのセキュリティ対策 ということで、私も話を是非聴きたいと思っていた著名なスピーカーの方々をお招きしてOffice 365とそれを取り巻くセキュリティ関連の最新情報をお話しして頂く予定となっております。

既に満席になっている可能性はありますが、毎回一定数のキャンセルは発生しますので、是非キャンセル待ちに登録を頂ければと思います。

詳細は こちら をご参照下さい。

 

Office 365で儲けられるエンジニアとは

この投稿は Office 365 Advent Calendar 2016 に参加しています。

先日開催された第17回Office 365勉強会セッション中においても少しお話をさせて頂いたのですが、Microsoftのパートナーの立場から言うと、既にOffice 365は機能やサービス内容の説明だけでは新規ユーザーがゲットできなくなってきました。(逆に言うと、それだけ導入が進んだ)

普段このblogでは技術的なことばかりを書かせて頂いておりますが、今回は少し趣向を変えて、どうやっていけば、これからもOffice 365でご飯を食べられるエンジニアでいられるのかを書いてみたいと思います。

一言でいうと、

Office 365を通じてお客様のワークスタイルを変え、生産性を向上させ続けられるエンジニア

かなと自分では思っています。ちょっと漠然としていますが、広い意味での「導入支援」ですね。ただ、単に技術的な要件に留まらず、これまでの経緯や周辺領域の動きと合わせて今後Microsoftがどういう方向にこの機能(サービス)を持って行こうとしているのか、どう使ったら生産性が上がると思って設計しているかなどを含め、自分の言葉で語れる人物。

例えば、思いつくままに書いてみますが、お客様への導入の中で出てくる以下の様なことが常に鮮度の高い情報を持って答えられる人かなと思っています。

  • SharePoint/Groups/Exchange/Teams/Yammer/Skype for Businessなど、いっぱい有るけどどうやって使い分ければ良いの?
  • サービスを導入したらインターネット接続環境はどういった物を用意すれば良いの?(帯域、セッション数、冗長性など)
  • サービスに接続するクライアントは何を使えば良いの?シーンによって使い分けるとしたらどういう使い分け?
  • アクセス制御はするべき?するならどこまですれば良い?
  • うちの現在定めているセキュリティポリシーとの整合性はどう取っていけば良い?
  • 監査はどういったことを何処までやれば良いの?事前に利用する社員と合意しておくべき項目はある?
  • BYODを認める場合、その条件や取り交わすべき誓約書など、社内規程の整備はどう進めれば良い?
  • 365日24時間仕事ができるようになってしまうが、業務時間外のメール等の確認に対して労使でどう合意すれば良い?
  • 他の同業他社はどこまでOffice365を使いこなしてどう業務に活かしているの?
  • セキュリティにはどこまでお金をかけてどのレベルまで取り組めば良いの?
  • 社内で自立的に対応していけるようにする運用体制はどう作っていったら良い?

書いていてなんですが、自分も全然できていないので、もう少しアンテナ高くして頑張って精進していきたいです。

第17回Office 365勉強会に登壇します

今週の土曜日に品川の日本Microsoftで開催される第17回Office 365勉強会に登壇させて頂きます。

今回は、既に導入がかなり進んでいるということもあって、なかなか改めて話題に上がることも少ないExchange Onlineにスポットを当ててみようということで、Exchange Online特集になっております。

私のセッションでは、
「意外と知らない最近のExchange Online」
ということで、ここ数年で追加された、もしくは追加予定のExchange Onlineの新機能や仕様変更についてお話ししたいと思います。

お時間のある方は是非ご参加頂けると幸いです。

Microsoft MVPを再受賞しました

おかげさまで、MicrosoftのMVPアワードをOffice Servers and Servicesの分野で受賞しました。
2012年にOffice 365で初受賞して以来、5年連続での受賞となります。

これも偏にblogやコミュニティ運営などでご協力を頂いている皆さまの応援のおかげと感謝しております。

これからもよろしくお願い致します。

MVP_Logo_Horizontal_Secondary_Blue286_RGB_300ppi

ExpressRoute for Office365の期待とギャップ

先日、Microsoftより以下のようなメッセージが示されました。

Azure ExpressRoute is not required or recommended for Office 365 except where mandated to use direct networking for regulatory purposes or where a network assessment for Skype for Business connectivity requires it

また、先日のde:codeのイベントのExpressRoute for Office 365関連の講演においても、しきりに「ExpressRouteはセキュリティ向上のためのソリューションではありません」というメッセージを出しており、少し自分的に違和感を覚えておりました。

今回はExpressRoute for Office 365と聴いてイメージする物と、実際のサービス導入後の構成のギャップについて少し整理したいと思います。

まず、標準のOffice 365の構成が下図の左側だとします。ExpressRouteでOffice 365に直接接続出来るようになると聴くと、何となく以下の問題が解決されるように思えます。(右側のイメージ)

  1. インターネット上に機密情報を置くことへの不安
  2. インターネットアクセスが急増することによる回線、NW機器やProxyサーバーなどのパフォーマンスの不安
  3. インターネットアクセスのログのモニタリングやOffice365側のURL/IPアドレスの増減に対応する運用負荷に関する不安

20160601_01

確かにExpressRoute for Office 365を入れると、いくつかの問題点は解消されるのですが、実際にはいくつかの点でギャップが発生します。

簡単に纏めると以下の図上の3点になると思います。

20160601_02まず、ExpressRoute for Office 365を利用しても、主にCDNから配信されてくるデータはインターネット経由でしか取得できないため、①ExpressRouteの他にもインターネット接続を必要とする という点がございます。これにより、インターネット接続経由でOffice 365の一部の通信は継続するため、その運用管理負荷は無くなりません。

また、ExpressRoute経由で接続するのはテナントではなくIPアドレス単位になる為、②他社テナントにもExpressRouteを経由して接続できてしまいます。構成によっては、自社の管理下にあるFirewallやProxyなどをバイパスして外部のクラウドに接続できてしまうことになります。

更に、ExpressRouteを契約しても接続元IPの制限ができるようになる訳では無いので、③ExpressRouteを経由しないインターネットからもこれまで通り利用できてしまいます。

 

勿論、②はSharePoint OnlineであればテナントごとにURL空間が異なるので、そこを意識して.pacファイルで制御するなどすれば、ある程度は制御できると思いますし、③はAD FSを入れれてクラウドIDの利用を制限すれば社外からの認証を抑制することもできます。

ただ、こう言ったFit & Gapを整理していくと、Azureとは違ってOffice 365にExpressRoute接続すべき(したい)シーンというのは、かなり限定されるのではと個人的に感じます。